『ApexLegends』ランクシーズン4の詳細!

ランクシーリーズ4が開幕

「シーズン5 – 運命の行く末」の開幕と同時に始まるランクシーズン4。その内容をチェックしましょう。

↓ シーズン5の全容についてはこちら↓

ランクシリーズ3の振り返り!

ランクシリーズ3では初めて、期間中を2つのスプリットに分ける試みが行われました。これは好調に機能していたようです。

期間中の前半と後半でワールズエッジ、キングスキャニオンとマップを変更するのも期待通りだそうです!

Apexの最高実力者の名を冠するプレデター帯は上位500人に絞られましたが、機能は好調のようでした。

ランクシリーズの中盤でソフトリセットをかけることで期間中のプレイヤーの継続的なプレイを得ることができました。前回のランクシリーズでは自分の実力で到達できる最上位ランクまで到達してしまうとその後ランクマッチをプレイする回数が減ったり、全くしなくなったりすることが懸念されていましたが。今回のソフトリセットによってシリーズ3全体を通してプレイしていたように思えます。

ランクシリーズ3の結果と報酬

Apexプレデターという称号はほんの一握りのプレイヤーにしか与えられてません。シリーズ中ランクマッチを5時間プレイしたプレイヤーの中でたった0.2%のプレイヤーのみがマスター・プレデターランク帯に属しています。また、今回よりマスターティア帯を追加したことによりトップ層のプレイヤーはより高水準のマッチをすることができました。

プレイヤーがシリーズ中に到達したランクティア帯によって報酬が分けられています。より高位のランク帯に到達したプレイヤーにはチャームやダイブ軌道などの報酬が用意されています。

ランクシリーズ4でも引き続き行われる要素

今回より導入された、ランクリーグシリーズを前半後半の2つのスプリットに分けることは、プレイヤーのモチベーションを維持することに貢献できたと運営は感じているようで次回のランクシリーズでも導入予定です。

スコア、マッチ参戦所要RP、アシストこれらはランクシリーズの強固な基盤として確立されたものとし変更は加えません。

敗北免除の追加要素詳細

これまでのランクシリーズではマッチ中に抜けると1度目はペナルティを受けませんでしたが、1日に2回目からマッチ放棄ペナルティを受けていました。

チームメイトがまだ生存していて、バナーが回収される前リスポーンできる可能性が残っている場合にペナルティを受ける可能性がありました。

敗北免除の詳細については『ApexLegends』公式リリースニュースをご覧ください。