ApexLegendsシーズン6情報 -パッチノート2-

シーズン6ではR-99の昇格、ディボーションの降格など、細かな不具合調整が行われました。

アイテムアップデート

追加:拡張エネルギーマガジン、ターボチャージャーポップアップ

アップデート:プレシジョンチョークの削除され、ピースキーパーとトリプルテイクに標準装備されるようになりました。チョークのオンオフは選択できます。

サプライドロップ:R-99がケアパケ武器となったことで強化が入りました。

ダメージ:12 マガジン:32 予備弾薬:160

地上アイテム:ディボーションが通常武器になり、マガジンサイズが(36/40/44/48)へと変更になりました。

スナイパーアモ:回収量12、所持数を24に引き上げ。

エネルギーアモ:回収量が20に減少

フルキット武器の交換:ディボーション・マスティフ・トリプルテイク・フラットライン・ボルト

武器アップデート

ヘムロック:垂直反動の減少とバースト時間の短縮

チャージライフル:2発の弾薬消費、マガジン装弾数4→8

トリプルテイク:連射速度上昇、装弾数(6/7/8/9)に引き上げ、チョーク組み込み

ハボック:反動パターン変更

モザンビーク:装弾数3→4

P2020:ダメージ13→15 装弾数(12/14/16/48)

センチネル:金アーマー装備時に必要なシールドセルの数2→1

プラウラー:バースト時の垂直反動が減少、フルート時の水平反動が増加

快適性向上

フルキット武器との差別化のために、ケアパケ武器をスーパーレジェンドティア(赤)表示

ワールズエッジでマップ中央へのアクセスがよくなるように変更

ラウンド終盤にリングがプレイ可能エリア外になるのを防ぎつつ、リング予測が難化

不具合修正

ほぼすべてのレジェンドの不具合が修正されました。詳細は下記のリンクからご確認ください。

まとめ

シーズン6初期ではアーマー値が25ポイント減少したこと、全て進化アーマーになったことでキルタイムが早くなり、ゲーム環境への不満をよく目にしましたが。最近のアップデートによりアーマー値が前シーズンのものに戻ったことでよりゲーム性の高いものになっていると思いました。

前回の記事でパッチノートの前半を紹介しているのであわせてそちらもご確認ください。